不動産投資の継続には「事前投資」が必要!それでも入居者が集まらなければオーナーチェンジのための不動産売却も一つの手段

不動産は1戸やるのも100戸やるのも一緒

投資で損失を被るリスクを回避するには、長期投資と分散投資だとよくいわれています。

長期投資とは、数カ月ではなく、数年、数十年の単位で投資をすること。

5年、10年と長い期間で保有して、安定した運用効果を得ます。

また、分散投資とは、複数の資産に分散して投資することで、たとえ一つの資産が値下がりしたとしても、別の資産の値上がりでカバーしようとするものです。
続きを読む “不動産投資の継続には「事前投資」が必要!それでも入居者が集まらなければオーナーチェンジのための不動産売却も一つの手段”

農地を相続したら知っておきたい真実【大地主も3代相続が続けばタダの土地】

いくら大きな農地を相続したとしても、そして資産が10億円あっても、3代にわたって相続が続くと、農地の価値は10分の1に減ってしまうことをご存知ですか?

さらに、配偶者がいる一次相続に比べて、配偶者がいない二次相続での相続税は重くなってしまうことも知っていますか?

日本の相続税は世界的に見ても重く、今後さらに重くなる可能性があります。

そんななかで、農地を相続するときに知っておきたい4つの真実を解説していきます。

それではまいります。
続きを読む “農地を相続したら知っておきたい真実【大地主も3代相続が続けばタダの土地】”