女性ホルモンが減ってくると

女性が女性らしくいられるのは、女性ホルモンがあるからです。しかし女性ホルモンが減ってしまうと、どうなると思いますか? 女性が、オス化してしまうんです。

女性ホルモンは年を取れば、段々と減少していきます。これはいわゆる、更年期というものです。更年期は老化現象なので、誰にでも訪れるもので、しかたがありません。

しかし問題なのは若い女性でも、女性ホルモンが減ってしまうことがあることです。女性ホルモンが減ってくると、体がオス化していき、女なのに口ひげが生えることさえあります。

女性ホルモンが減少する一番の原因は、ストレスだと言われています。昨今は女性の社会進出が盛んになりましたが、その反面女性が受けるストレスも増大しています。ストレスの他には、睡眠不足や栄養の偏りなど、生活習慣の影響もあります。

女性ホルモンを減らさないためには、まずはストレス解消を心がけましょう。仕事以外で何か楽しみを見つけると、ストレスを溜め込まなくてすっます。できれば恋をすると、女性ホルモンが活発化します。その上で睡眠や食事など、生活習慣も改善していくことです。