茶色い歯を白くするには?

歯が茶色くなってしまうと、普通に歯磨きをしているだけでは、なかなか白くはなりません。歯が茶色くなってしまう原因や、歯を白くする方法を調べました。

歯が茶色くなってしまうのは、色の濃い食べ物や飲み物のせいです。食べ物や飲み物に含まれている色素が、歯について取れなくなってしまい、茶色くなってしまうのです。

食べ物や飲み物以外なら、タバコも歯を茶色くする原因になります。タバコの煙には、ヤニやタールが含まれています。特にタバコのヤニは、粘着力が強いので、歯にこびりつきやすくなります。

このような歯の着色汚れは、普通の歯磨き粉の成分では、落とすことが難しいです。茶色い歯を白くするには、はははのはのように、ホワイトニング成分が入った歯磨き粉を使ってください。

ただしホワイトニング成分が入った歯磨き粉でも、葉を白くできないケースもあります。それは加齢により、歯が茶色くなってしまったような場合です。

歯は歳を取ると、エナメル質が薄くなっていきます。エナメル質が薄くなると、その下の象牙質が透けて、葉が茶色く見えてきます。この場合は汚れではないので、ホワイトニングでは歯は白くなりません。