転売ビジネスせどりは理にかなっている

転売ビジネスってご存知ですか?

一時期はせどりがちょっとしたブームのようになっていました。

今は在庫を抱えたり結構仕入れなどの手間がかかるということで下火になりましたが、それでもまだまだ転売ビジネスは奥が深いようです。

転売ビジネスの主役になるのは身近なのはamazonとブックオフですね。

せどりのようにブックオフで安く古本を仕入れアマゾンで高く売るという手順ですが、極めて理にかなった方法なんですね。

本を欲しい人は古本屋を探してあっちこっち回らないで済む。

本を欲しい人はその本が欲しい訳ですから多少高くても買いたいのです。

ブックオフが100円という安い価格でも、全国のブックオフに欲しい本がある訳ではありませんし、全国を探しまわる訳にはいきません。

逆に本を売る人は邪魔な本をブックオフで買いたたかれたり、廃品回収でただで持っていかれるよりも、アマゾンでいくらか値が付いたら儲けものとしか思ってません。

ここに需要と供給が一致します。

アマゾンならこの本が今いくらで売られているか、すぐわかる便利なツールが昔からありました。

そのツールを見てブックオフで高く売れる古本をまとめて買っていたものです。

しかし、せどりの参入者が増え価格が暴落してから私はせどりを止めました。

せどりの限界だと思ったのです。 このアプリを知るまでは。 このアプリがあれば私はせどりを止めていなかったでしょう。

 

マカド!は出品、販売、価格改定をする総合管理アプリです。マカド!でせどりの悩み一挙解決!