肌の常在菌とは?

スキンケアを行う上で、忘れてはならないのが常在菌です。私たちの肌には、なんと数百億個もの常在菌がいるというのだから、驚きです。その常在菌によって、肌のコンディションが良くなったり、肌トラブルを起こしやすくなっているのです。

肌の常在菌の中でも有名なのが、ニキビの原因になるアクネ菌ですね。アクネ菌自体は悪玉菌とされていますが、実はそれほど悪いやつではないのです。問題は毛穴が詰まってしまったとき、毛穴の中で増殖して炎症を起こすこと。毛穴の詰まりさえなければ、アクネ菌も有害ではないのです。

逆に善玉菌の代表格は、表皮ブドウ球菌で美肌菌とも呼ばれています。表皮ブドウ球菌は、グリセリン関連物質を分泌するので、肌に潤いを与えてバリア機能を高めてくれます。

これからのスキンケアは、この美肌菌を増やすことが、美肌への近道になると言えます。すでに市場では、アピナチューレWリッチローションのように、美肌菌が入ったコスメが販売されえいます。アピナチューレWリッチローションの口コミを見ると、肌が潤うだけでなく、肌トラブルが減ったなど、評判がいいようです。