細菌は肌の敵か味方か?

私たちの肌には、常在菌という細菌が、なんと200種類以上も損ざしています。肌に細菌がたくさんいるなんて、気持ち悪いともう人も、いるかもしれません。しかしこの常在菌は、肌の敵にも味方にもなるのです。

人間が生きていくには、細菌の力が必要なのです。例えば腸内に住む細菌も、人間が行くていくためには、なくてはならない存在です。肌に棲む細菌とも、共存していくことが大事です。

なぜなら肌に棲む最近にも、肌トラブルを起こす悪玉菌と、美肌へと導いてくれる美肌菌がいるからです。美肌を目指すなら、美肌菌を増やすことが大事なのです。

常在菌を味方にするには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが大事です。悪玉菌としてはニキビの原因になるアクネ菌や、肌に炎症をおこす黄色ブドウ球菌などがあります。美肌菌の代表は、表皮ブドウ球菌です、表皮ブドウ球菌は肌を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。

肌の常在菌のバランスが乱れるのは、体の調子が悪かったり、食生活が乱れたときです。普段から生活習慣を見直し、コンディションを整えておくことが、常在菌を味方につける鍵となるでしょう。