残価設定ローンのメリット

毎月の返済を抑えて新車を買いたい場合は、実価格より安く車が買える残価設定ローンを上手に使うといいでしょう。2年から3年後の残価に基づいて残価設定ローンを組むという方法が基本的ですが、ディーラーによって条件が変わることがあります。

残価分は、その期間後にディーラーに売却することで相殺されるため、返済義務が生じません。これまでは、ローンの契約時にまず頭金を払い、残った金額を毎月の決まった日に少しずつ支払うというものでした。残価設定ローンを利用することで返済金額自体が少なくなり、頭金を減らすことができます。人気車種は高い残価でローンが組めます。支払える金額は多くないけれど高級車を希望する人には残価設定ローンが向いています。こまめに車を買い換えて、様々な車を楽しみたいという人に残価設定ローンは適しています。残価設定額になるまで乗ったら、また新たに新車を買えます。今は夫婦用、3年後は家族用と、そのたびに少ない金額で新車に乗り換えることができます。残価設定ローンを組んで、契約期間後も車を乗り続けたい場合は、残価分を支払えばもちろんそのまま乗ることもできます。残価を払う時も一括ではなく、クレジットで無理のないペースで支払うことができます。残価設定ローンで取り決めた期間になった時に、予定通り下取りに出すか今後も使い続けるのかを決めることが可能です。キャッシング審査甘い即日融資