エイジングケアコスメって意味ないの?

美容成分たっぷりのエイジングケアコスメを使って、スキンケアに勤しんでいる方も多いでしょう。年齢肌にはコラーゲンやヒアルロン酸を補給して、若さを取り戻したいと思ってしまいます。しかしエイジングケアコスメって、本当に意味あるのでしょうか?

年齢肌の原因は、ヒアルロン酸やコラーゲンが減ってくることです。でも問題は、肌の外からヒアルロン酸やコラーゲンを、補給できるのかという点です。

実は人間の肌にはバリア機能があるので、どんなに肌の外から美容成分を塗り込んでも、肌に吸収されることはありません。つまりエイジングケアコスメは、ほとんど意味がないということになります。

ただしそんなエイジングケアコスメでも、角質層もしくはその上に美容成分がとどまることで、保湿効果は期待できます。保湿されると肌の調子は良くなるので、なんとなく効果があると思ってしまうんですね。

肌の美容成分を増やそうと思えば、サプリメントや美容ドリンクの方が、効果が期待できます。最近美容業界で話題になっているのは、日清食品のヒアルモイスト乳酸菌です。

ヒアルモイスト乳酸菌は、体の中でヒアルロン酸の生成をサポートします。体の中からヒアルロン酸を増やすことができるので、エイジングケアコスメよりも、美肌を目指すことができます。